IMG_7405_R

2016年5月1日創刊号

2016年5月1日午後5時。

この日のこの時間、
私はバンコクへ向かう車の中にいる。

しかし、このメールは
私がどこでなにしていようが、
あなたのメールボックスに届けられ、
いまこの文章をあなたが読んでいる。

インターネット

この20世紀末に作られた
夢のテクノロジーが、
我々の生活を大きく変えてきた。

そして、これからもさらなる変化を
わたしたちにもたらし、
世界を変えていくに違いない。

そんなツールに振り回されるのではなく、
それを使いこなしていくことで、
あなたはあなたの輝かしい未来を
その手につかむことが出来る。

そうしてあなたが輝けば、
あなたの周りも輝いていく
その連鎖で世界を輝かすこともできる

その一助に
このメルマガがなれたとしたら…

創刊号スタートです

-------------------

日本はGW真っ只中でしょうか。
タイでも例年この時期、
日本人の姿を多く目にします。

ん? 日本は? タイでも?

おまえ何もの???

それでは、本題に。

-------------------

【三田って誰?】

===================

申し遅れました。
わたくし、父も母もバリバリ日本人、
純血日本人の、三田と書いて『さんた』
と申します。

家政婦のミタではありません。

諸々の事情により、現在日本を離れ、
タイのバンコクで生活しております。

いや、たんにタイを気に入って、
すぱんと移住しちゃったテヘッ

ってだけなんですけど。

得体の知れないやつのめるまがなんぞ
誰も読む気がしないでしょうから、
まずは軽く自己紹介をさせていただきます。

生まれ:
1973年5月24日生まれ。
もうじきピチピチの43歳になるオス。

長野県の北部、わりと有名な小布施町出身。
母型の祖父母同居の3世代世帯の長男。
田舎でのびのびとやんちゃし放題。
ケガと親のげんこつの絶えない毎日。

小学生:
学校から帰って家にいることなかったんじゃ
ね?ってぐらいのアウトドア派。
自転車のって隣町まで冒険(一応禁止事項)
神社や病院の建物利用した秘密基地作り(ま
じ禁止事項)
週1のミニバスだけじゃエネルギー発散しき
れなかった模様。
高学年時にファミリーコンピューター登場。
ほぼ同時期に、初めてのパソコン。
ここら辺からインドア活動も充実。
ベーシックという簡単なプログラミング言語
をいじって、思い通りの結果が出力され感動
する日々。
ダイエーのパソコン売り場にて、スペース
キー押すと、延々とバカと表示される数行の
プログラムを入力して、店員が慌てるのを見
て喜んでいたどうしようもないくそガキ(笑)

 

中学生:
バスケ部中心な生活。
勉強が好きなわけではなかったが、
いかに短時間で、最善の結果をだすか、
効率最優先の勉強でなんとなく
成績上位者。
親に隠れながらのドラクエでも、
短時間クリア、短時間攻略!
が至上命題。
目の前のことをとりあえず最速で処理する
力は、この辺から培われていたかもしれない。

 

高校生:
まったく畑違いの水泳部。
どちらかといったら苦手だったかも。
が、県選抜選手の先輩がいたので、
必至にくらいついて練習していた。
カリスマの近くにいる効果は
十分実感できた。
100m平泳ぎでインターハイ出場まで
あと0.5秒!が最高記録。
あ、朝練とかで2000mとか泳ぐので、
授業は睡眠学習がほとんど。
でも、なんだかテストの点数はとるので、
先生的にはうざい生徒だったこと
間違いない。

 

大学生:
こんな田舎のもっさいやつでも、
なんだか一応慶応ボーイ。
学問より青春を謳歌していた。
バイトとサークル、飲み会の日々。
ただ全国区でおもろい奴らが集まるので、
それはそれは楽しい日々。
十分学費の元はそれで取れたのでは。

そんな華やかな生活の裏で、
インターネットというものに出会う。
ダイアルアップ回線で2時間とかかけて
ネットスケープをダウンロードして、
時間があれば飽きずにネットサーフィン。
例に漏れず、今までに見たことないような
高額電話料請求に肝を冷やす。
バイト掛け持ちでつき30万ぐらい。
それがなければ成り立たないような
学生生活であった。
ほとんどは飲み会やらの
社会勉強に消えていくのだが。

 

社会人:
学生時代より収入下がる(笑)
大手中学受験塾の社員。
あ、でも学生時代の友人より
給料はもらってた気がする。
先輩社員にも恵まれ、可愛がられ、
4年目で教室長とか、
ありとあらゆることを
早回しで経験させてもらえた。
家系ラーメン、シングルモルト、
芋焼酎なんかの味を覚えたのもこのあたり。

が、10年目を目前に退職。

 

移住:
有給消化期間に、初タイ1ヶ月。
初めてで1ヶ月滞在とか普通じゃないが、
航空券しか取ってないってのも普通じゃない。
でもなんか空気があうというか、
適当さ加減がちょうどよかったというか、
とにかく、すっかり気に入ってしまった。
帰国後すぐに、1ヶ月後の航空券をぽち。
2回目は1ヶ月半。これまた普通じゃない。
しかも、タイ語しか通じないような
山奥の村にまで1人で入り込む。
その山奥で、雄大な景色を眺めながら、
ここに住もう。と決意。
3ヶ月バイトで100万貯めて、
えいやっと移住完了!軽っ!

その移住を決めた頃に、
インターネット上で稼ぐ!
という情報を目にする。
移住してどうする?とか
全く考えていなかったが(考えろ!)
ネットで稼げたら便利じゃね?
移住資金を稼ぐのに目一杯だったので、
いわゆる情報商材というものを買う
というところまでは入り込めず、
ネット上で無料で手に入る情報で、
ただ1人学び始める。

それから10年。

あ、ぜんぜん軽くなかった(笑)

 

-------------------

【このメルマガの効能】

===================

 

出口として目指すところは、

『自分の好きなことで生きていく』

ことです。それを実現するために、
インターネット上の仕組みを駆使すること
を念頭においております。

大別すると

・マインド的なもの
・ノウハウ的なもの
・操作マニュアル的なもの

それらを織り交ぜながら、
基本毎日、たまにはお休みしながら

『自分の好きなことで生きていく』

人生を切り開いていくお手伝いを
全力でしていこう!

という決意をしております。
ただならぬ決意です。

それを目指すプロジェクトも
動かし始めています。
そちらはまたご紹介する機会もあるかと。

少なくとも、
このメルマガに興味を持たれて
登録までして読んでみよう!
と思われたあなたには、

自由に対するなんらかの欲求があるかと
思います。

古くは、自由を獲得するために
血まで流す努力を強いられたものですが、

今あなたが望む自由を獲得するためには、

何も血を流す必要はありません。
鼻血ぐらいは出るかもですが。

でも、ある種の努力は必要になります。

そんなことも話す機会もあるかと思いますが、
ひとまず現段階では、

『このメルマガを読み続ける』

そんな覚悟を決めていただければ。

あなたがその覚悟を持ち続けている間は、
わたしはこのメルマガを全力で書き続けます。

ときには媚薬、時には劇薬を処方することも
あるかと思いますが、

用法用量を守って、正しくご服用いただければ。

 

-------------------

【編集後記】

===================

 

創刊号ということもあり、
ちょーーーーーっと硬かったかなぁ、、、

と自己分析しております。

普段は相当やわらかいです。
箸で切れちゃう角煮ぐらいやわらかいです。
ぷるんぷるんです。

次回も読んでいただけること、
切に希望しております!m(_ _)m

 

 

発行責任者 三田正則

About the author: masanorisanta